新潟県高野連とは

会長ご挨拶
新潟県高等学校野球連盟 会長 富樫 信浩

新潟県高等学校野球連盟ホームページにアクセスしていただき、感謝申し上げます。高校野球を愛する皆さんにとって、このホームページが活用され、役立つことを期待しています。

さて、新型コロナウイルス感染防止対策を受け、本連盟では今年度の春季北信越高等学校野球新潟県大会の中止を決定させていただきました。その後、夏の選手権新潟大会の開催に向けて諸準備をしているところですが、本県はもとより全国的な状況を見ると、選手権大会の開催も危ぶまれる危機的状況となっております。今後もこうした状況を鑑み、開催の可否も含めて検討していかなければならないと考えておりますことをご理解いただきたいと思います。

人事異動に伴い、当連盟の役員も一部変更となりました。昨年度まで副会長を務めていただきました佐々木雅伸氏がご退職になり、新たに長田 裕氏(県立新発田農業高校長)に、専務理事は、杵鞭義孝氏から中原丈二氏(県立新潟東高校教頭)となりました。今後も生徒や多くの高校野球を愛してくださる皆様方のためにきちんと仕事をして参りたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

また、一昨年本連盟が発表した「投球数制限」については、賛否両論があったものの、生徒の将来を守るという観点から議論を重ねて一定の結論が出されました。今後はその検証をきちんと行い、高校野球の発展に繋げていきたいと考えておりますことから、皆さんからもご支援を賜りたく思います。

今現在、「教職員の働き方改革」が叫ばれ、本県においては、「県立学校における教員の勤務時間の上限に関する方針」が昨年12月に示されました。その中で、部活動指導の適正かが求められておりますことから、従前のような連盟及び大会運営はできないものと考えておりますことを承知くださるようお願いします。

終わりに、本連盟は新潟県青少年野球団体協議会の仲間とともに、野球を通じた青少年の健全育成に寄与していきたいと考えておりますので、皆様方からご理解、ご協力をいただきたく、お願い申し上げます。

令和2年4月